Home > E3ソリューションシステム > システム構成および特長

システム構成および特長

システム構成

クリックすると拡大します

コンバータ部の特長

  • DC / DC コンバータにより蓄電池を有効活用

    蓄電池の充電状態(SOC)調整機能により、SOC をバランスよく保持しながらの運用が可能です。
    (SOC の偏りによる充放電動作の機能低下を抑制します。)

  • タッチパネルの搭載による視認性の向上

    運転状況(き電電圧、充放電電流など)をリアルタイムで確認可能です。また、充放電パターンなど、
    運転条件の設定が容易です。

  • スケジュール設定により最適な充放電動作を実現

    車両の走行条件に合わせて充放電動作設定が可能です。(最大 20 パターン登録可能)
    さらに、登録した設定を時間帯に合わせて自動的に切り換えます。

  • 屋外キュービクルにも対応可能

    専用コンテナなどが不要のため、省スペースで設置可能です。

  • 非常走行機能を搭載

    き電停電時に駅間に停車した車両を最寄駅まで非常走行させることが可能です。

コンバータ部 要項表

コンバータ容量(kW) 盤寸法(mm)※ 1 き電電圧(V) タッチパネル
高さ 奥行
250 8150 1000 900 600 または 750 オプション
1000 3800 2300 1600 1500 標準搭載
2000 7600

※ 1 屋根、チャンネルベースの寸法は含まない寸法です。

蓄電池部の特長

  • 電池管理装置による状態監視

    リチウムイオン電池の電圧・温度・SOC などの情報や各種警報をセル・モジュール単位で一元管理し、システムの安全性を確保します。蓄電池情報だけでなくコンバータ運転状況の遠隔監視も可能です。

  • 豊富な製品ラインナップ

    用途に合わせた最適な蓄電システムをご提案します。

  • 長年にわたる導入実績と高い信頼性

    国内自社工場で生産しており、2002 年より、航空・宇宙・自動車などさまざまな分野での導入実績を有しています。

  • LIM30HL シリーズを用いた蓄電システムの場合

    ハイレート特性により、主に回生電力吸収などの大電流充放電用途に最適です。

  • LIM50EL シリーズを用いた蓄電システムの場合

    大容量のため、主に非常走行などの大容量を必要とする用途に最適です。

  • ハイブリッド蓄電システムの場合

    LIM30HL シリーズとLIM50EL シリーズを組み合わせたハイブリッド蓄電システムを構築すれば、
    平常時は回生吸収運転を行い、非常時は多編成の非常走行運転が可能です。

リチウムイオン電池 要項表

蓄電池形名 定格容量(Ah) 最大放電電流(A) 最大充電電流(A)
LIM30HL 30 600 600
LIM50EL 48.5 300 125

蓄電池部 要項表(回生吸収用途の蓄電池標準構成例)

コンバータ容量
(kW)
蓄電池形名 直列セル数 公称電圧(V) 蓄電池並列数 蓄電池容量
(kWh)
盤寸法(mm)※ 1
高さ 奥行
250 LIM30HL 96 345.6 2 20.7 3400 1000 900
1000 208 748.8 4 89.8 3000 2300 1600
2000 8 179.7 6000

蓄電池部 要項表(非常走行用途の蓄電池標準構成例)

コンバータ容量
(kW)
蓄電池形名 直列セル数 公称電圧(V) 蓄電池並列数 蓄電池容量
(kWh)※ 2
盤寸法(mm)※ 1
高さ 奥行
1000 LIM50EL 192 729.6 4 141.5 2200 2300 1600
2000 8 283.0 4400

※ 1 屋根、チャンネルベースの寸法は含まない寸法です。

※ 2 蓄電池容量は一例です。詳細は当社までお問い合わせください。


ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.