Home > 太陽光発電システム > 太陽光発電システムのしくみ > ピークカット(シフト)システム

ピークカット(シフト)システム

蓄電池放電信号

放電停止信号

充電開始信号

充電停止信号

放電中

蓄電中

普段は系統連系型太陽光発電システムと同じ働きをします。太陽電池からの発電電力を負荷に供給し、また必要に応じて電力会社から電力を買電します。

パワーコンディショナーが蓄電池の放電信号を受信すると、太陽電池からの発電の有無にかかわらず、リチウムイオン電池からの放電を開始し、負荷に電力を供給します。

パワーコンディショナーが放電停止信号を受信すると、リチウムイオン電池からの放電を停止し、通常の系統連系運転状態に戻ります。また、放電中に蓄電池電圧が規定値以下になった場合も、蓄電池からの放電をストップします。

パワーコンディショナーが充電信号を受信すると、リチウムイオン電池に充電を開始します。充電が終了すると、また蓄電池は解列状態に戻ります。

このように、任意の条件や時間で蓄電池の放電・充電を行う事が可能ですので、契約電力の低減や、電力使用のピークシフト効果などさまざまな目的で、リチウムイオン電池を有効に活用する事が出来ます。

もちろん、停電などの非常時には、防災型蓄電池付き太陽光発電システムとして、特定負荷への電源を確保します。

平常時

PLAY
PAUSE

停電災害時

PLAY
PAUSE

使用電力量

平常時

停電災害時

蓄電池放電量

蓄電池充電量

Click Here↑


ページのトップへ戻る

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.