太陽光発電システムのしくみ

太陽光発電システムのしくみ

系統連系型太陽光発電システム

パワーコンディショナを通して太陽光発電電力と系統を連系し、一般負荷へ電力を供給します。自立運転回路から、停電時に特定負荷への電力供給も可能です。

系統連系型太陽光発電システムについて
系統連系型太陽光発電システム イメージ画像

中・大容量防災型太陽光発電システム

日中は系統連系型太陽光発電システムと同じ動作になります。災害などにより、停電が発生した場合、太陽光発電電力と蓄電池から特定負荷に安定した電力を供給します。また、太陽光発電ができない夜間や太陽光発電電力が使用電力に満たない場合、蓄電池に蓄えておいた電力を特定負荷に供給します。

中・大容量防災型太陽光発電システムについて
中・大容量防災型太陽光発電システム イメージ画像

ピークカット(シフト)システム

繰り返しの使用に強いリチウムイオン電池を搭載することで、ピークカット(シフト)システムとして、蓄電池を活用することが可能です。また、防災型システムとして、非常時に電力を特定負荷に供給します。

RPR(逆電力防止リレー)などの設置が必要な場合があります。

ピークカット(シフト)システムについて
ピークカット(シフト)システム イメージ画像

パワーソーラーシステム

リチウムイオン電池のみを搭載して、蓄電システムとしてピークカット(シフト)などの運用を行うことが可能です。

パワーソーラーシステムについて
パワーソーラーシステム イメージ画像

お客様相談室のご案内

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-43-1211

受付時間:9:00〜17:00

土日祝、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始など弊社所定休日を除く

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、お電話でのお問い合わせ受付業務の体制を一時変更しております。

このため一時的にお電話が繋がりにくい状況となる場合がありますが、ご理解をいただきます様よろしくお願いいたします。