選定方法

選定例

step1

バックアップする機器から最適な給電方式を選定

負荷機器に最適な給電方式

常時商用給電方式

パソコン、POS端末、ネットワーク機器

常時インバータ給電方式

IA/UNIXサーバ、ハイエンドサーバ、ストレージネットワーク機器、FA/産業機器

スマートエコモード方式

IA/UNIXサーバ、ハイエンドサーバ、ストレージネットワーク機器、FA/産業機器

step2

バックアップする機器の最大消費電力のW(ワット)とVA(ボルトアンペア)を確認

バックアップ対象機器のカタログやホームページに記載されている仕様書からお調べください。

①機器の表示がW(ワット)だけの場合

VA(ボルトアンペア)=W(ワット)÷力率

②機器の表示がVA(ボルトアンペア)だけの場合

W(ワット)=VA(ボルトアンペア)×力率

③機器の表示がV(ボルト)、A(アンペア)の場合

VA(ボルトアンペア)=V(ボルト)×A(アンペア)

②より、W(ワット)を計算します。

W(ワット)=VA(ボルトアンペア)×力率

[負荷機器の力率例]
コンピュータ・ディスプレイ 0.6~0.7
サーバ(高力率タイプ) 1.0

step3

必要なバックアップ時間を確認

増設バッテリーを追加することで幅広いバックアップ時間を選定することができます。

UPS に内蔵しているバッテリーは長年使用していると電気エネルギーを蓄積できる 能力が徐々に低下し、その能力が半分になった時が寿命とされています。従って、 バッテリー寿命末期のバックアップ時間は購入時(初期値)の約半分となります。

step4

消費電力、バックアップ時間、形状から最適な機種を選定

UPS 選定条件よりも大きめの容量(VA/Wともに)、長いバックアップ時間の機種を選定ください。

お客様相談室のご案内

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-43-1211

受付時間:9:00〜17:00

土日祝、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始など弊社所定休日を除く

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、お電話でのお問い合わせ受付業務の体制を一時変更しております。

このため一時的にお電話が繋がりにくい状況となる場合がありますが、ご理解をいただきます様よろしくお願いいたします。